2014年04月15日

イ・ソニ「愛さない」熱唱でソン・ユリを泣かす!

イ・ソニとソン・ユリ・.jpg

伝説の歌姫の生歌に、元ピンクルメンバー、ソン・ユリの目から思わず涙がたらーっ(汗)

14日放送されたSBS深夜のトーク番組「ヒーリングキャンプ、嬉しくないか」が話題になっています。
ソン・ユリがMCを務める同番組に出演したイ・ソニ。不慣れなバラエティとあって“秘蔵っこ”イ・スンギと後輩歌手ペク・ジヨンを同席させ繰り広げるトークの中で、「ペク・ジヨンが歌う[愛さない]を聴いて一晩中泣いたことがある」と話したところ、ソン・ユリからさっそく歌のリクエスト。
それに応えペク・ジヨンの持ち歌でもある「愛さない」を熱唱するイ・ソニに続き、イ・スンギとペク・ジヨンもそれぞれの音色で歌いだし、3人による奇跡のコラボ実現です。
となりで聴いていたMCソン・ユリが思わず涙ぐむ場面がTVに映しだされていました。
もう一人のMCイ・ギョンギュは「ペク・ジヨンさんの歌は“もう愛はいらない”と感じたが、イ・ソニさんの歌からは“愛は必要”という思いが伝わる」との的確なコメントで、伝説の歌姫2人の違いを分析し笑いを誘っていました。



軍政末期、激動の時代「Jへ(J에게)」の大ヒットで一躍国民的歌手となったイ・ソニさん。その後も日の当たる道を歩み続けて今では韓国歌謡界の伝説の歌姫として君臨。
方や90年代後半、一世を風靡しながら、一瞬にして栄光と愛を失い奈落の底で地獄を見た歌姫、ペク・ジヨン。
その2人が共演して「愛さない」を歌うなんて。そりゃ、話題になりますね。

ちなみに、イ・ソニが泣き、ソン・ユリが泣いた「愛さない」は、ペク・ジヨンが再び歌謡界でスポットライトを浴びるキッカケとなった復活ソングでもありました。

韓国芸能界の光と影を見てきた者だけが流せる涙だったと思います。

<ペク・ジヨン「愛さない」Live>


韓国音楽 ペク・ジヨン - TIMELESS(ベスト)



イ・ソニ / 『熱唱』


posted by ぱらむじぇいぴー at 16:58| K-POP
TOPに戻る>>






いつもありがとう!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村