2014年04月10日

“国民の夫”ユ・ジュンサンのスピリッツ炸裂!『フィスト・オブ・レジェンド』

伝説の拳.jpg

ちょうど1年前の今日(4月10日)韓国で公開された格闘娯楽映画『伝説の拳』。
邦題が『フィスト・オブ・レジェンド』となって、いよいよ日本上陸です。
と言うか、劇場での一般上映なしのレンタル落ちとして(5月2日DVD発売!)お茶の間での公開とは、ちょっと残念あせあせ(飛び散る汗)
スクリーンでその臨場感を味わってこその映画なので。

伝説の拳2.jpg

昨年4月『慶州桜マラソン』に参加のため韓国を訪れた時、釜山のシネコンで鑑賞。
主演ファン・ジョンミンのもう1本の話題作『新世界』も気になったけど、フルマラソン完走後の清々しいアスリートな気分を、血なまぐさいやくざな世界観でブチ壊したくないと思い、当初の予定通り『伝説の拳』をチョイス。
中年男らの熱きファイティングスピリットが、中年ビギナーランナーの分際でフルマラソンにチャレンジした自分に合いそうだったから。

伝説の拳3.jpg

いや〜ぁ、面白かったですよ。

感想を一言で言うならば『男版『サニー』」とも言えますかね。
男同士の友情と父子愛を描いきつつ、痛々しくもほろ苦い青春の日々を蘇らせてくれる作品になっています。
そして、格闘技好きにもたまらない映画でもあります。
ファン・ジョンミン、ユ・ジュンサン、ユン・ジェムンら3人の主人公らが、リング上で本気で殴り合っていたようで、その血しぶきや汗が客席に臨場感たっぷりに伝わって来ました。

伝説の拳ユ・ジュンサン.jpg

特に印象に残ったのがユ・ジュンサン。この映画で初めて見たんだけど、存在感があります。
そんじょそこらにはいないいい男、チャン・ドンゴンやウォンビンと言ったイケメンスターとは違い、“隣にいそうなイケメン”て感じの親近感のある役者に見えた。
のちに知ったのだけど、彼は前年に放送されたKBSドラマ『棚ぼたのあなた』で主人公を演じ「国民の夫」と称されるほどブレイクした役者さんだったそうです。なるほど、納得です。

【送料無料】棚ぼたのあなた DVD-BOX1 【DVD】



そのユ・ジュンサン、この映画のリング上での格闘シーンで靭帯を切る大怪我に見舞われたそうで、後のインタビューでは「病院へ行き、また撮影しなきゃいけないのに、なぜか涙が出た。するとチョン・ドゥホン監督から“お前が泣いたらみんなが泣く。泣くな”と言われたが、監督も泣いていた。
体が冷たくなり、呼吸も速くなり、うつろになった。“こうやって死ぬんだな”と思った。チョン・ドゥホン監督の手をにぎり、“私の子どもたちに誇らしい父親だったと伝えてくれ”と話し救急車に乗ったため、翌日チョン監督の顔を見るのがとてもきまり悪かった」と語っていました。
そして「精神と魂、肉体を注いだ作品、命を奪われるところだった作品」とも。
演出を引き受けたカン・ウソク監督も「今だから笑って話せるが、撮影中に緊急治療室に行ったのは初めてだった。
ユ・ジュサンが大怪我を負い、緊急治療室で1時間ほど手をにぎっていたが、ユン・ジュサンは何を言っているのか分からず、チョン・ドゥホン武術監督はずっと泣いていた。泣きながら話をしていたユ・ジュンサンの姿も、泣きながら“私がこうしてしまったんです”と話す武術監督の姿も、今でも目に浮かぶ」と語っていました。
壮絶な撮影現場だったようです。

是非この映画で“国民の夫”ユ・ジュンサンのファイトスピリッツ、役者スピリッツを体感してほしいですね。

DVD/洋画/フィスト・オブ・レジェンド/ADP-8066S [5/2発売]

価格:3,282円
(2014/4/10 21:34時点)



伝説の拳.jpg
見どころ
韓国映画「伝説の拳」は学生時代、伝説と呼ばれた一般人らが賞金を賭けて争う格闘技番組に挑戦する内容で、イ・ジョンギュの同名ウェブチューンを原作とした作品。
ファイター役にファン・ジョンミン、ユ・ジュンサン、ユン・ジェムンといった韓国映画界に欠かせない演技派俳優がキャスティングされた。シナリオは「義兄弟」(2010)で「百想芸術大賞」シナリオ賞を受賞したチャン・ミンソク作家。

あらすじ
学生時代、派手な武勇伝を残し学校を平定したファイターの中で、本当の最強者は誰だったのか?
一時、「伝説」と呼ばれた奴らが真っ向勝負するテレビファイトショー「伝説の拳」。歳月の中に散った全国各地のファイターたちが一人二人と登場し、ショーはハプニングを続出させ、熱くなる。そして、話題の中に登場した伝説のファイター3人に全国民の視線が集まる。
ボクシングチャンピオンの夢が目の前で駄目となり、いまは一人で娘を育てる麺屋の社長イム・ドクギュ(ファン・ジョンミン)。カリスマ性で一時代を築き、いまは出世のため自尊心までを捨てた大企業の部長イ・サンフン(ユ・ジュンサン)。南ソウル高のあくどい人狂犬と呼ばれ、いまも一等を夢見るが依然として三流のやくざ、シン・ジェソク(ユン・ジェムン)。
言葉より拳が先に出ていたあの時代、予期せぬ事件で各自の生き方をしてきた3人のビハインドストーリーまで明かされながら、全国は「伝説の拳」ブームに浸る。ついに歴代最高のファイターたちがベスト8トーナメントを通して、優勝賞金2億ウォンをかけた最後のファイトショー「伝説の拳」の幕が開き…、自分自身ではない誰かのために人生最後の勝負に挑む3人の心温まる対決が始まる。

韓国芸能情報のワウコリアから抜粋

<予告編>

1
posted by ぱらむじぇいぴー at 21:48| 韓国映画
TOPに戻る>>






いつもありがとう!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村