2013年07月23日

『太王四神記』のキム・ジョンハク氏自殺!

人気演出家キム・ジョンハク氏死亡、自殺か
京畿道果川市の考試テル(受験生向けの貸し部屋)で23日午前10時ごろ、ドラマ『砂時計』『黎明(れいめい)の瞳』などを手掛けた演出家キム・ジョンハク氏が死亡しているのを発見された。61歳だった。
練炭が燃やされた痕があり、警察では自殺の可能性が高いとみている。
1977年に演出家としてMBCに入社したキム氏は81年、ドラマ『捜査班長』でお茶の間デビューを果たした。その後、『黎明(れいめい)の瞳』で一躍有名になったキム氏は、脚本家ソン・ジナ氏とともに手掛けたドラマ『砂時計』(SBS)で人気を集め、名実ともに最高の演出家として認められた。
また、2007年には同じくソン氏とタッグを組み、韓流スターのペ・ヨンジュンを主人公にした『太王四神記』(MBC)を制作。同ドラマは日本や台湾など10カ国・地域に先行販売された。
しかし、昨年放送されたドラマ『シンイ−信義−』(SBS)の出演料未払い問題が発生、放送終了後にも解決のめどが立たず、キム氏は背任および横領の疑いで告訴された。
ソウル・永登浦警察署は最近、背任および横領の疑いでキム氏を出国禁止処分としていた。
-朝鮮日報-


韓国ドラマ界の巨匠逝く!

でも、まさかこんな形で最期をむかえるなんて悲しいですね。

昨日だったか、韓国のネットでキム・ジョンハク氏の横領容疑がどうだらこうだら書かれていたけど、自ら死を選ぶほど深刻な話だったとは・・・。

【プロフィール】
生年月日 : 1951年 11月 5日
所属 : 現キム・ジョンハクプロダクション代表取締役
デビュー : 1981年捜査班長
学歴 : 慶煕大学新聞放送学
1997年 MBC入社

[放送作品]
2012年 SBS 『神医』、『追跡者』
2008年 MBC 『ベートーベン・ウイルス』
2007年『白い巨塔』、MBC 『太王四神記』
2005年『ファッション70s』、『悲しき恋歌』
2004年『海神』、『フルハウス』
2002年『大望』
2000年『美しき日々』
2001年 『我色気歌』
1998年 SBS 『白夜 3.98』
1999年 『ゴースト』
1995年 SBS 『砂時計』
1991年 MBC 『黎明の瞳』

[受賞内訳]
2006年 慶煕言論文化人賞
2003年 PD連合会大賞作品賞 (大望)
2003年 百想芸術大賞演出賞 (大望)
1995年 百想芸術大賞演出賞、作品賞 (砂時計)
1992年 百想芸術大賞演出賞 (黎明の瞳)
1984年 百想芸術大賞演出賞 (凍土の王国)


ざっとプロフィールを見ても、ヒットドラマがずらりと並びますね。
でも近年は不評だったのかな・・・。
出演料未払い問題を抱えた『シンイ−信義−』(SBS)が奇しくも明日からBSフジで始まると言うのにね。
(毎週月曜日〜金曜日 8:30〜9:30)
『仁』のリメーク版はソン・スンホンでドラマ化されていたのに・・・その後時代劇と現代劇が交差するドラマって多すぎないか?

[Blu-ray] シンイ-信義- ブルーレイBOX1




キム・ジョンハクさんと言えば光州事件を背景として描いた95年の『砂時計』が思い浮かぶように、骨太社会派ドラマが真骨頂でしよう。
民主化される90年代以前なら描けなかった社会的テーマを題材にした事が当時大きな話題となってドラマは大ヒットしたけど、彼の名を韓国中に轟かせたのはなんといっても、そのずっと以前の軍政時代に作った84年の『凍土の王国』でしょうか。
日本で発表された、ある在日朝鮮人の北朝鮮親族訪問幻滅記『凍土の共和国』をリアルに再現した北朝鮮を舞台にした社会派ドラマでした。
今でこそ脱北者とかの証言でいくらでも北朝鮮内部の実情が伝えられドラマや映画化されているけど、当時はまだベールに包まれた敵地としてのうわさ話や憶測に基づいた国策反共ドラマが主流だった時代に、かつてない北朝鮮のリアルな実情を描がいたドラマとしてその内容は当時韓国民に大きな衝撃を与え社会現象を巻き起こしたほど。
たとえば、国民に赤の親玉として憎悪の対象であった金日成北朝鮮国家元首の顔は鬼や豚に似せた似顔絵でしか韓国内では公開されたこ事がなかったが、このドラマで初めて金日成氏のリアルな顔(肖像画)が韓国内の茶の間に流れました。
「あれっ普通の人間じゃん」と子供たちが思ったかどうかは知らないけど、当時としては画期的な出来事だったんですね。
登場人物はすべて北朝鮮の人間なんだけど、主人公の在日朝鮮人から、出迎える党の役人から、主人公の親類やら、泥棒をする少年やら、すべてのキャラが立っている点も、反共ドラマでありながらも、以前の国策反共ドラマとは一線を画した社会派人間ドラマとして大ヒットした所以でしょう。
韓国でのこのドラマの大ヒットの話題は、当時日本でもNHKのニュースで取り上げられたほどでした。
当時このドラマのビデオを全巻見たけど、反共ドラマは大機嫌いな自分が唸るほど良く出来たドラマでメチャクチャ面白かったですね。
このドラマがキム・ジョンハクさんの作品と知ったのは後に『砂時計』を観た後だったけど、なるほどなと、うなずきました。
人間ドラマは実に巧かったな・・・。

キム・ジョンハクさんのご冥福をお祈りします。

全巻セット【送料無料】【中古】DVD▼砂時計(8枚セット)第1話〜第24話【字幕版】▽レンタル落ち/- 【韓国ドラマ】【10P24jul13】

価格:5,999円
(2013/7/24 01:16時点)


posted by ぱらむじぇいぴー at 23:37| 韓流ニュース
TOPに戻る>>






いつもありがとう!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村